田中一志

Chameleon Label 代表。

音楽プロデューサー、作曲家、編曲家、Chameleon Studio のエンジニアとしてsleepy.ab をはじめ数々の作品制作へ携わり、自身も” Shizuka Kanata” 名義で「Snow」、「Divine Hokkaido」のアルバム2枚を発表しアーティスト活動を行っている。

一方で、中島優美 (ex.GO!GO!7188) などメジャープロダクトの制作へも参加し、楽曲提供、プロデュース、編曲などを行う。また「ター・ナー・カー」名義では、北海道テレビのバラエティ番組「ドラバラ鈴井の巣」やクリエイティブ・オフィス・キュー関連作品へ多数関わり、 チーム・ナックスのCD 制作や、チーム・ナックス第10回公演「LOOSER ~失い続けてしまうアルバム~」、鈴井貴之プロジェクトOOPARTS「CUT」などの舞台音楽の作曲、編曲を手掛ける。他にもCM、テーマソング、札幌イルミネーション、雪まつり、札幌パセオ、JR タワーなどの商業施設の館内音楽、劇伴など多数の音楽制作やイベントプロデュースを手掛ける。

下川佳代

音楽プロデューサー、作曲家、編曲家。

Chameleon labelでのリリース作品ではChima、Buffalo、Addiction(共同)のプロデュース、作曲、編曲などを行い数々のアーティストのサポートを行う。平行してメジャープロダクトの制作でもサウンドプロデュース、作曲、編曲、ストリングスアレンジなどで藍井エイル、Galileo Galilei、茅原実里などの制作へ参加し、TVアニメ「ノブナガ・ザ・フール」、「RAIL WARS!」では挿入歌の作曲、編曲を担当する。また北海道テレビのバラエティ番組「ドラバラ鈴井の巣」の挿入歌の編曲や「シモシモ」名義でクリエイティブ・オフィス・キュー関連作品やチーム・ナックスのCD制作へ多数関わる。チーム・ナックス第10回公演「LOOSER~失い続けてしまうアルバム~」では舞台音楽の作曲、編曲も手掛ける。ラジオでもジングル、テーマソングはじめ、北海道FM AIR’Gでは番組挿入歌の制作を担当。CM、テーマソング、JRタワーの館内音楽など幅の広い音楽制作を行っている。時にはプレイヤーとしてステージに立つこともある。


札幌の魅力的な各所から多彩なミュージシャンをご紹介していく予定です。