MUSIC SHAREとは?

 

MUSIC SHARE は、本田みちよというひとりの音楽好きが、20125月に仲間に声をかけて手作りで始め、現在は立ち上げのメンバーでもあり、夫で俳優の池内万作と二人三脚で運営。手作りのWEB音楽番組「MUSIC SHARE」が元になって始まったムーブメントです。その種はその後どんどん成長し、「産業中心ではなく、音楽そのものを中心とした」新しい流れとして全国に広がり、今では全国に10のチャンネル(内5つは準備中)が生まれています。日本の音楽の代表のように言われるアイドル、アニメ、J-POP ですが、同じように素敵な、そして様々なジャンルで世界水準の音楽をつくり続けるミュージシャンが、全国各地に存在しています。流行、話題性、メディアに大きく取り上げられているかどうか、、、というような情報の大きさとは関係なく、良質な音楽を少しでも多くの人に届けたい。それ以上でもそれ以下でもない音楽番組、それがMUSIC SHARE です。

 

MUSIC SHARE にはもうひとつ、夢があります。

 私、本田みちよ自身が関西出身ということも影響してか、常々、東京を中心とするシーンのあり方にも疑問を持っていました。東京以外にも、地元をベースに活動するミュージシャンが全国各地に多数存在しています。

彼らの音楽、各地の音楽シーンを発信し、全国のミュージシャンと音楽を愛する人々をつなげることで、リスナーの選択肢を広げ、既存メディアから失われた音楽の多様性を少しでも取り戻せたらいいなあと、MUSIC SHARE は考えています。

 

 

◎MUSIC SHARE の理念

世界に誇れる日本のミュージシャンを紹介しよう! という意気込みで活動しています。 冒頭にも記した通り、産業中心ではなく、音楽そのものを、MUSIC SHARE は大切にしています。良質な音楽を作り、演奏し、それを人々に届けたいというミュージシャンを応援し聴き手とつなぐ場となり、聴かれるべき素晴らしい音楽をより多くの人に届けたいという考えで始まった番組です。 そして、東京中心という中央志向を終わらせ、全国各地にしっかりとミュージシャンが活躍できる場を作り、全国のミュージシャンと全国の音楽好きを結びつけるネットワークを作りたいと考えています。 MUSIC SHARE は営利を目的とした団体ではありません。 良質な音楽を少しでも多くの人に届け、そうすることによってミュージシャンの活動を応援することを目指しています。

 

 

◎MUSIC SHARE の人々

とにかく音楽を第一に愛する人々が集まって、MUSIC SHARE は成り立っています。 こういった音楽を愛するMUSIC SHARE のメンバーが、良質の音楽を配信し、ミュージシャンと音楽好きのリスナーを繋げる架け橋となるためにスタッフとして参加し、番組が作られています。 番組を一緒につくるほかのメンバーは、お金で雇う「いちスタッフ」、あるいは「無料で使える都合のよいボランティア」ではなく、同じ理念の下に集まった仲間です。

 

 

◎一般社団法人MUSIC SHARE と、MUSIC SHARE の各地のネットワークについて

MUSIC SHARE は2012年に代表の本田みちよが始め、考えに賛同した仲間が集まり、場所を提供してくれるスタジオを探し、協力してくれるメンバーを募り、番組を取り上げてくれるプラットホームと交渉し、出演してくれるアーティストと交渉し、番組のクオリティーを保ち、宣伝、アフタープロモーションという地道な営業と事務作業をひとりで行い現在の信用を築いてきました。 全ては良質の音楽を多くの人に届け、ミュージシャンとリスナーの橋渡しをする番組を作り、その輪を広げ、この国の音楽文化を豊かにしようという熱い気持ちだけで継続されています。

 

そしてその活動をみんなで支え合っているMUSIC SHARE ですが、その運営の母体は、一般社団法人MUSIC SHARE です。 一般社団法人MUSIC SHARE は全体に関わる業務を行っています。

ウェブサイトを管理運営し、できる限りの広報や営業活動を行い、新しくチャンネルができる際に人手が足りない時は、その立ち上げの手助けをします。

そして各チャンネルと配信プラットホームを共有し、MUSIC SHARE という名称を共に名乗ることで各チャンネルの活動をより広範囲に広げつつ、ひとつのネットワークとして活動していきたいと考えています。

このように、一般社団法人MUSIC SHARE と、東京も含めた各地で番組を制作するチャンネルが存在しています。

 

 

◎ブッキングについて

番組のクオリティーを維持するために、最も重要なのがブッキングです。 MUSIC SHARE は良質な音楽を作り、演奏し、それを人々に届けたいというミュージシャンを応援するとしていますが、これだけでは非常に概念的で、どんな音楽を良質とするかも感覚的ですので、ここに基本的な指針を示します。

 

・商業的なオーバーグラウンドでもなく、分かりづらいアンダーグラウンドでもなく、オーバーグラウンド並みの発信能力がありながら、業績に左右されない自由さと面白さを兼ね備え、自ら積極的に活動しているミッドグラウンドのミュージシャン

 

・年齢は問わないが、現在も新譜をリリース&LIVEをし続けている現役であること

・自身でオリジナル曲を作り、演奏している

・圧倒的なオリジナリティーがある

・圧倒的な演奏力、歌唱力がある

・(オリジナル曲でなくても)ジャズやクラシック、伝統芸能や民謡など、受け継いでいくべき音楽や、その土地にしかない音楽を奏でている

・発信力、拡散力があり、共に成長出来そうである

・アイドル、J-POP などのフィールドでの成功を自らのキャリアのゴールにしていない

 

 

MUSIC SHARE は基本的に、アイドルやJ-POP に代表されるような、投下した資本を回収し、拡大再生産を目指すことを第一義とした商業的要素の強い音楽を扱いません。それらは、良し悪しは別として、「生産された商品」だからです。 それらを取り上げるメディアはすでに存在していますし、ほかに紹介すべき音楽はいくらでもあります。 MUSIC SHARE は、なによりも、音楽を愛するミュージシャンと、真っ当な音楽を紹介していくメディアでありたいと考えています。 例外としては、「ツアーで日本を訪れている外国のミュージシャン」があります。世界に向けた発信を続ける上でも、この国を訪れてきた外国人アーティストも出来る限りサポートできれば、と思っています。

 

 

 

最後に・・・

MUSIC SHARE をつくるのは、日本全国のミュージシャンとリスナー、そしてわたしたちです。

音楽はみんなのものだから、「みんなでつくって、シェアする。」

とにかく、愛する音楽のために、楽しく活動していきたいと思います。

 

 

ver.042017

一般社団法人MUSIC SHARE

代表 本田みちよ

 

 


本田みちよ(ミュージシャン / MUSIC SHARE代表)

 京都出身。10歳より京都市少年合唱団(ソプラノ)に在籍し、佐藤しのぶ、小林研一郎、小澤征爾指揮のボストン交響楽団、ウィーン少年合唱団と共演するなど、幼い頃より音楽の基礎を学び、歌に親しむ。ボーイソプラノのような透明感のある歌声とオーガニックな表現スタイルが魅力のシンガーソングライター。 1997~2013年6月、エレクトロポップの先駆者と言われたOVERROCKETとして活動。日本はもちろん、海外公演も行うなどヨーロッパでの評価もあり、イギリスのMIXMAG誌マンスリーチャートで1位を獲得している。WORLD ORDERの「2012」「PERMANENT REVOLUTION」コーラス参加、吉岡徳仁監修の「カルティエ展」会場内音楽、レオパレス21「それぞれの夢」、CITIZEN CM「xC(クロスシー)」、話題沸騰中のiPhone APP「星めぐりの夜」の歌など様々な分野で活躍する中、1年間 毎月1曲リリースするプロジェクト「Michiyo Honda Monthly Release Project」が話題を呼び、アニメ「ギルティークラウン」劇中歌(フジテレビ)、世界的人気を誇るゲーム「ファイナル ファンタジー13-2」、人気アイドル麻生夏子のアルバムに楽曲提供するなど活躍の場を広めている。2012年7月からスタートした音楽番組「MUSIC SHARE」を現在もブッキングから司会までを務め、未来の音楽文化を豊かなモノにするための活動に情熱を注ぎ込む。2013年、WIRE13のコンピレーションにMijk van Dijkとの共作「My Wire To You」収録。横浜アリーナで行われた電気グルーヴの石野卓球主催「WIRE13」でもMijkのLIVEに1万人の大観衆の中、ゲストボーカルとして出演し大成功を収める。2014年春、世界50カ国でミュージック1位を獲得する音楽ゲーム「Deemo」で歌った「I Race the Dawn」が世界一の規模を誇る国際的な賞、Annual Game Music Awards 2013で最も優秀なボーカルテーマソングとして受賞。現在は、自身の制作をしながら映画やゲーム音楽などに携わる他、WEB音楽番組の運営・企画・プロデュースや国内外のアーティストのレビューを書くなど多方面で活動中。

http://michiyohonda.com